9月17日、びわこの初日、ヤングダービー!

とにかく水面が読みにくく、時に万舟だらけ、時にイン逃げばっかりという訳がわからない水面
6号艇が差して内が届くかと思いきや、6号艇がほとんど来ない日もある、そんなボートレース場
ただでさえ難しい環境で、ヤングダービーが開催
そんな中で出口舞有子ちゃんが水神祭
実はヤングダービーの事前番組で、出口舞有子ちゃんが水神祭の時にどんなネタを仕込めばいいかと男子選手に相談
地元の先輩である野中一平選手がビキニを着ればいいと言ってた。
そんなアホな何を言われるかわからないだろうにと私はその時見ててバカだなぁと思ってた
ヤンチャ坊主だなぁぐらいに思ってたら、出口舞有子ちゃんの水神祭。
随分と攻めた格好をしていて、本人が仕込んだのか、先輩の野中一平選手が持ち込んだのか。
私はそれを知ってるので、何も思わないけど、知らない人はえっと思うはずw
年齢を感じさせないおばちゃん顔だってのもあるけどね。
そう思うと、男女混合のG1で水神祭をあげちゃうのもすごい

ヤングダービーのオープニング、1レース

1号艇は地元の松山将吾選手
地元なので、ここはイン逃げをしてほしいところ。
しかし、さすがはG1、未来のSGレーサー大集合なので、もう簡単には切れない
そして6号艇には土屋南ちゃん。
こうなっちゃうと夢を狙いたくなって、1616-全を買っちゃう
松山選手はきっちりスタートを決めてたけど、いかんせん2号艇がドカ遅れ
こうなると3号艇が攻めるし、その中で4号艇の春園功太選手がまくり差しを決めちゃう。
どうしようもなかったし、土屋南ちゃんも全然届かず。
これで万舟、でも、この日は出口舞有子ちゃんが勝ったレースと合わせて2つだけ。
6号艇が勝ったり、1号艇が飛んだりしても万舟にはならない。
お客さんたちは琵琶湖を分かってるんだよね
最終のドリーム戦だけガチガチで決まって、700円。
この日連勝したのが2年前の覇者、関浩哉選手。
現状まだ優勝2回、初優勝がヤングダービー、1号艇からイン逃げ
フライング2本で今年前半は厳しい状況を経験しながらもちゃんと合わせてきてる。
あと、事前番組に出た選手ほど苦戦しているというのはどういうことなんだろうか。
情熱大陸とかバースデイに出ると急に成績を落とすようになるのと同じかな
今年のヤングダービーも大波乱だろうなぁ

レーサー全国当地モーターボート今節成績
登録番号/級別
氏名
支部/出身地
年齢/体重
F数
L数
平均ST
勝率
2連率
3連率
勝率
2連率
3連率
No
2連率
3連率
No
2連率
3連率
初日2日目3日目4日目5日目最終日
14828 / A2
松山 将吾
滋賀/京都
26歳/51.0kg
F0
L0
0.17
6.32
44.44
65.74
6.25
43.75
61.54
44
32.20
40.68
45
43.84
57.53
24852 / A2
川原 祐明
香川/愛媛
25歳/51.0kg
F0
L0
0.17
6.54
50.00
66.92
5.40
20.00
60.00
27
27.03
45.95
51
30.16
52.38
34847 / A1
佐藤 隆太郎
東京/東京
26歳/51.6kg
F1
L0
0.15
6.07
42.71
59.38
5.54
41.03
46.15
55
28.36
49.25
30
45.07
56.34
44796 / A1
春園 功太
三重/三重
29歳/50.5kg
F1
L0
0.16
5.96
41.23
62.28
5.92
50.00
58.33
46
35.44
55.70
28
33.33
56.06
54817 / B1
渡邉  翼
山口/山口
29歳/50.0kg
F1
L0
0.17
5.28
26.00
52.00
6.31
50.00
56.25
34
18.57
35.71
40
25.40
36.51
64964 / A2
土屋  南
岡山/岡山
23歳/47.0kg
F1
L0
0.14
6.10
43.80
62.04
4.49
18.92
37.84
50
42.65
58.82
29
48.44
62.50