6月13日、児島の初日、ウエスタンヤングのドリーム戦!

ウエスタンヤングは西日本の若手選手による大会で、優勝すればヤングダービーの優先出場権が得られる
イースタンとはいえ、住之江まで入っちゃう時点で、なかなか区別が難しいけれど。
ウエスタンは尼崎から大村まで、こちらは正真正銘という感じがする。
去年もそんなことを書いた気がするけどね。
ドリーム戦、1号艇はレディースチャンピオンの覇者、大山千広ちゃん
前回は男子選手に交じって優出、女子戦以外でもやれるところを見せた形。
経験値でいえば並の若手選手よりは経験を重ねているしね。
なにせヤングダービーで優出してるんだから、この1号艇はある意味当然ともいえる。
ただ、福岡支部のインは弱いというジンクスもあるので、ここは慎重に。
大山千広ちゃんの場合、差されたくない分、まくられるのは構わないというスタンス
スタンスというか、数字でそこは明らかなので。
同じ福岡支部の女子選手でも、日高逸子さんとはまるで逆。
2号艇の中谷颯仁選手が差しに自信がありそうだけど、大山千広ちゃんがブロックしそう。
差しが無理だとすれば、まくりにいく、そうなってくると4号艇の大上卓人選手が。
4カドまくりが好きなんだろうなという数字。
まくり差しも差しと同じくらい可能性は薄いので、負けるとすればまくり。
キャブレターの交換で展示タイム1位の大山千広ちゃんを信じてみたい
大上選手がまくりを狙いにいくとすれば、内側を絞っていく中で、5号艇と6号艇に展開が向くとみた。
竹井奈美ちゃんの兄、竹井貴史選手、妹も兄もここ最近は好調
15-全、1-全-5で勝負をかけてみた

児島の実況は独特で、フライングになると明らかにやっちまったという感じになる。
そのやっちまったという感じが、スタート直後に出ちゃった。
誰がフライングしたんだろうと思っていると、どうやら4号艇と5号艇。
やっぱり大上選手は4カドまくりを意識してたんだな。
実際には大山千広ちゃんをまくり切ったけど、そりゃフライングしてるわけで。
全体的にかなり踏み込んでるけど、その中でさらに踏み込めばフライングになる。
全返還、123は270円、そりゃそうだよね。
そのせいで住之江ファイブに回って、阿波勝哉選手が5号艇に入った時点で企画成立してる?と思いつつ、購入。
6の1着はないだろうと思って、最初の1マークでもらった

と思ったら2周目で6が先頭に。かみ合わないなぁ。

レーサー全国当地モーターボート今節成績
登録番号/級別
氏名
支部/出身地
年齢/体重
F数
L数
平均ST
勝率
2連率
3連率
勝率
2連率
3連率
No
2連率
3連率
No
2連率
3連率
初日2日目3日目4日目5日目最終日
14885 / A1
大山 千広
福岡/福岡
24歳/47.0kg
F0
L0
0.12
6.78
47.96
62.24
6.86
44.83
72.41
23
27.08
34.38
27
30.51
45.76
24848 / A2
仲谷 颯仁
福岡/福岡
25歳/51.0kg
F0
L0
0.16
7.81
69.01
83.80
4.94
27.78
38.89
29
34.07
52.75
20
42.37
66.10
34816 / A1
村松 修二
広島/広島
29歳/51.8kg
F0
L0
0.14
7.56
59.20
75.20
4.65
17.65
35.29
11
32.29
43.75
72
43.64
58.18
44682 / A1
大上 卓人
広島/広島
29歳/51.4kg
F0
L0
0.12
7.11
59.44
71.33
6.88
34.62
65.38
44
39.29
61.90
50
35.29
50.98
54737 / A1
竹井 貴史
福岡/福岡
28歳/51.1kg
F1
L0
0.15
7.02
56.92
71.54
6.31
44.83
65.52
43
39.02
50.00
57
37.25
49.02
64831 / A1
羽野 直也
福岡/福岡
25歳/52.6kg
F0
L0
0.13
7.07
53.79
75.17
0.00
0.00
0.00
65
33.72
47.67
64
29.31
46.55