8月30日、下関の最終日、ボートレースメモリアルの優勝戦!

1号艇は寺田祥選手
2着1回だけ、ここまで準パーフェクト
でも、ここまでやって最後で外すという流れもまたあるわけで。
一応別の事も考えるんだけど、実は寺田選手にとってボートレースメモリアルは色々と因縁が。
この時点で唯一獲得しているタイトルがボートレースメモリアル
そしてめったにフライングをしない寺田選手が10数年ぶりにフライングを喫したのもボートレースメモリアル
要するに何か重要なことが起きるのは、いつもボートレースメモリアだったと
そこまでの因縁があると、中途半端な結果にはならないだろうと思った。
だから、勝つか着外に沈むか、このどちらか。
しかも、展示タイム1位で、着外に沈む理由が全く見当たらない
それを考えるとここはイン逃げを買うのが普通だなと。

優勝戦ということで結構大きく扱われていた中で、インスピレーションで浮かんだのが4号艇の市橋卓士選手
スタートをずばずば決めて結構よさそうだった
そりゃ普通に考えて123かもしれないけど、ここは14
珍しくここは2連単の1-4を1点。
実は優勝戦でこの賭け方をした方が儲かりやすいというデータに基づいてそうした。
確か7倍ぐらいあったはずなので。
3着も考えたけど、オッズ的に安かったし、実はここまでに結構負けてたから
だから、それを巻き返す意味でも14の1点。
スタートは内側がずばっと決めたこともあり、早々にイン逃げ
市橋選手が内に入り、一瞬14で決まったかと思ったけどね。
そこはSGの優勝戦、猛者がたくさんいるし、うまくやられちゃった形に。
3着の舟券を買ってたら悔しかったかもしれないけど、134でも16倍。
ここに1点ってわけにもいかなかったからね。
寺田選手はボートレースメモリアルでやっぱり強かったなぁ

これが終わるとG1がいくつかあって、ヤングダービー
ただでさえ荒れやすいびわこ、そして荒くれものが大集合
フライングやらなんやら色んなことが巻き起こりそう
びわこの優勝戦とか、それまでずっとイン逃げで決まってたのに最後だけ大波乱
普段はずっと荒れてるくせに、最後だけ順当みたいなことが多いのにね。
いわゆる癖が強いボートレース場、そして癖の強いレース
それはそれでわくわくするけどね

レーサー全国当地モーターボート今節成績
登録番号/級別
氏名
支部/出身地
年齢/体重
F数
L数
平均ST
勝率
2連率
3連率
勝率
2連率
3連率
No
2連率
3連率
No
2連率
3連率
初日2日目3日目4日目5日目最終日
13942 / A1
寺田  祥
山口/山口
41歳/51.0kg
F0
L0
0.16
7.23
53.39
61.02
7.56
61.34
78.15
70
30.93
42.27
74
39.05
57.14
6R3.092R4.1111R2.135R4.1111R1.05
9R1.12
24344 / A1
新田 雄史
三重/三重
35歳/52.1kg
F0
L0
0.15
7.92
64.60
78.76
7.81
56.25
68.75
28
46.53
65.35
50
27.37
45.26
1R5.077R6.128R2.087R4.1110R1.12
8R1.0612R3.12
33960 / A1
菊地 孝平
静岡/岩手
42歳/51.0kg
F1
L0
0.11
7.01
40.35
59.65
7.33
56.67
70.00
21
41.67
61.46
42
28.28
46.46
10R1.164R3.097R2.0910R6.149R1.14
10R5.21
44063 / A1
市橋 卓士
徳島/徳島
40歳/51.4kg
F0
L0
0.14
6.83
54.00
70.00
7.27
57.69
73.08
48
39.08
51.72
44
37.74
58.49
1R3.135R4.112R1.113R6.179R2.17
9R5.099R2.17
53897 / A1
白井 英治
山口/山口
43歳/51.0kg
F1
L0
0.14
7.95
59.50
74.38
8.70
75.93
89.81
43
39.78
59.14
29
32.41
50.00
12R2.097R4.173R3.086R5.0610R2.15
12R1.159R3.11
63854 / A1
吉川 元浩
兵庫/兵庫
47歳/50.5kg
F0
L0
0.14
7.42
52.54
64.41
7.65
41.18
82.35
42
43.16
56.84
47
37.86
56.31
4R2.092R6.1510R1.151R4.1711R2.05
8R3.1111R5.08