6月14日、児島の2日目のウエスタンヤング!

ルーキーシリーズに女子選手が入ったような感じだから、雰囲気はルーキーシリーズそのもの
わたしは、ルーキーシリーズであんまり勝負をしたいとは思わないんだよね。
めちゃくちゃになることが多いから、カオスな舟券ばかりを狙っていかないといけないから
もう2日目が終わった時点で7人が賞典除外や途中帰郷しちゃってるんだから。
なんかもったいないし、2日目で結構やらかしてるのを見てる感じ。
これがルーキーシリーズの怖いところであり、やりたくないなと思うところ。
若い人たちで意地になっちゃうのは、わたしもよくわかるけどさ

12レース、1号艇はドリーム戦3着の村松修二選手
今年の地区戦で優勝して早々にG1タイトルを得た選手。
ヤングダービーが一般戦含めて初優勝というパターンって結構多い
でも、この時点で早々にG1で優勝してるというのは結構心強い部分がある。
ルーキーシリーズでも優勝していて、この中でも実績はトップクラス
逃げ率はだいたい8割ぐらいで、逃げることを想定した方がよさそう。
2号艇の高倉和士選手の逃がし率が低く、差し率30%ぐらいあるのが確かに不安。
でも、村松選手、差され率が低いので差しを許すことはなさそう。
そして差し場ではなく、まくりにいく選手を警戒した方がいいのかも。
そうなってくると大山千広ちゃんのまくりはあるのかな
まぁそんなことを考えていたわけ。
でも、展示タイムを見ると6号艇の實森美祐ちゃんがとてもよかった
16は3連単だと全部万舟だったので、ここは面白いかなと。
16-全、1-全-6で勝負。

スタートのあれを見る限り、1コース2コースがドカ遅れ
これじゃあまくられるよねと思いたくなるくらい、外側が良かった
大山千広ちゃんは全体的にスタートが見れてるけど、それにしたってね。
前日のフライングのレースに村松選手も出てたからね。
フライングしちゃいけないという意識が強く出ちゃったのかな。
スタートタイミングがコンマ2秒遅れるのは、致命的だしね。
それで結局5号艇の木谷賢太選手のまくり差し
6万舟の大波乱、そりゃそうなるよね。
一筋縄ではいかないし、これからルーキーシリーズは苦手
この日から桐生でイースタンヤングも開催されてる。
ウエスタンヤングと違って、どちらかといえば平穏。
奇しくもドリーム戦は、東西一緒の123
女子選手に少しでも頑張ってほしいなぁ

レーサー全国当地モーターボート今節成績
登録番号/級別
氏名
支部/出身地
年齢/体重
F数
L数
平均ST
勝率
2連率
3連率
勝率
2連率
3連率
No
2連率
3連率
No
2連率
3連率
初日2日目3日目4日目5日目最終日
14816 / A1
村松 修二
広島/広島
29歳/51.4kg
F0
L0
0.14
7.56
59.20
75.20
4.65
17.65
35.29
11
32.29
43.75
72
43.64
58.18
12R3.026R5.15
24736 / A2
高倉 和士
福岡/福岡
28歳/52.1kg
F0
L0
0.14
6.68
53.77
67.92
6.19
45.16
70.97
66
25.51
53.06
51
31.58
49.12
4R5.16
9R1.15
34643 / A1
近江 翔吾
香川/大阪
27歳/51.3kg
F0
L0
0.15
6.61
46.43
70.24
6.39
39.29
64.29
26
31.11
51.11
24
39.62
52.83
7R4.21
11R1.31
44885 / A1
大山 千広
福岡/福岡
24歳/47.0kg
F0
L0
0.12
6.78
47.96
62.24
6.86
44.83
72.41
23
27.08
34.38
27
30.51
45.76
12R1.048R5.07
54931 / B1
木谷 賢太
香川/香川
24歳/51.7kg
F0
L0
0.17
6.07
43.02
61.63
5.10
30.00
50.00
13
53.33
72.22
30
38.46
44.23
1R2.187R1.13
64963 / B1
實森 美祐
広島/広島
23歳/47.0kg
F0
L0
0.14
4.82
29.55
40.91
3.97
24.14
31.03
39
59.14
70.97
47
32.08
49.06
5R5.075R2.18