8月29日、下関の5日目、ボートレースメモリアル!

準優勝戦が極めて読みにくい感じだったので、その前の7レース
1号艇は平本真之選手。
準優勝戦直前の一般戦なので、当然準優勝戦荷は出ない選手たちの対戦。
得点率も似たり寄ったり、大敗が目立つ選手もチラホラ
平本選手もあまりいい調子ではなく、イン逃げを失敗してる。
でも、似たような選手たちが集まれば、いくらなんでも2回も失敗することはないはず
一線級の選手だし、SG戦線でも優出をしているぐらいなので、ここはさすがに。
展示タイム1位だった6号艇の平尾崇典選手を相手に、16-全と1-全-6
スタートの直前、前付けをする勢いで進入を見せる平尾選手。
しかし、あっさりと諦めたのか、大回りで6コースへ
これはやる気なのか、めちゃくちゃ引いてるじゃんと期待はふくらむ一方。
でもスタートはどう考えても後手。
平尾選手、これは引きすぎたかもしれない。
平本選手が見事にイン逃げしたけども、全然平尾選手が届かない位置に。
夢を追えば夢が逃げる、夢から逃げれば夢は叶わない。
難しいね、本当に

この日の下関は12レース全部イン逃げ
下関だとこれでもかとイン逃げが決まることってよくあるんだよね
16の夢を追いかけるなら4レースとか9レースにあったわけで。
しかもこの2つが結構な高配当になっていたわけだから、それもまぁ悔しいというか。
ちなみに後半4レースは12で決まり続けるという展開。
準優勝戦は全くの無風で、予選のトップ6がそのまま優出
優勝戦の1号艇になったのが地元の寺田祥選手。
5号艇に入った白井英治選手は、地元初のSG優出。
この6人は全員イン逃げを失敗してないので、それがまた難しいところ。
そして6号艇に入り、前付けなどで全員3着以上をとってるのも難しいところ。
すんなり123で決まればこんな簡単なことはないんだけどね

ちなみに8月29日、1レースもフライングがなかったらしい。
132レースやって1個もフライングがないってすごいよね
欠場になったレースはチラホラあって、森下愛梨ちゃんが途中帰郷に。
体調を崩しちゃったのかな
この時期、少しでも体調が崩れると無理ができない状況になってるからね。
それ自体はいいことだし、もはや体調不良を押して仕事をする事が美徳ではなくなってるので。
単に迷惑という文化になっていくのは、いいことだと思う。
そのあたりはインスタあたりで教えてくれるかな

レーサー全国当地モーターボート今節成績
登録番号/級別
氏名
支部/出身地
年齢/体重
F数
L数
平均ST
勝率
2連率
3連率
勝率
2連率
3連率
No
2連率
3連率
No
2連率
3連率
初日2日目3日目4日目5日目最終日
14337 / A1
平本 真之
愛知/愛知
36歳/53.3kg
F0
L0
0.12
7.63
57.81
67.97
8.06
66.67
69.44
55
30.53
43.16
17
33.00
47.00
5R5.091R6.087R1.172R4.03
10R3.117R2.12
23590 / A1
濱野谷 憲吾
東京/東京
46歳/53.2kg
F0
L0
0.15
7.57
57.61
77.17
5.12
23.53
35.29
39
30.51
45.76
64
41.58
51.49
10R2.161R4.039R1.1011R3.132R5.16
11R6.16
34166 / A1
吉田 拡郎
岡山/岡山
38歳/51.0kg
F0
L0
0.15
7.37
55.21
73.01
8.53
78.95
89.47
20
41.28
53.21
59
33.33
48.04
6R2.046R1.135R6.151R3.143R5.17
11R5.16
43573 / A1
前本 泰和
広島/広島
48歳/51.0kg
F0
L0
0.17
8.44
66.67
85.71
7.25
58.21
70.15
32
31.48
53.70
33
31.68
46.53
2R2.153R6.212R5.116R3.152R3.15
10R4.128R1.08
54686 / A1
丸野 一樹
滋賀/京都
29歳/51.1kg
F1
L0
0.15
7.30
55.00
66.43
6.57
42.86
71.43
71
32.65
44.90
66
38.83
50.49
9R6.113R1.1712R4.175R2.213R3.20
8R4.21
63822 / A1
平尾 崇典
岡山/岡山
47歳/50.0kg
F0
L0
0.19
7.78
64.29
84.13
6.32
47.37
68.42
74
28.44
53.21
32
31.00
46.00
3R1.1310R4.364R6.042R5.021R2.36
12R2.13