3月4日、住之江の初日、太閤賞競走開設64周年記念のドリーム戦、12レース!

1号艇は石野貴之選手。
2019年のグランプリレーサーであり、地元住之江で1億円を手にしている。
だけど、最近は明らかに不調で、勝率は5点台
このままだとA1はおろか、下手をするとB級まで落ちてしまうかもしれないレベル
前期のA2のボーダーと比べると0.1しか余裕がない状況
いくらグランプリレーサーとはいえ、ここからの3か月はいかに調子を上げられるかにかかってる。
とはいえ、当面はG1やSGばかり。
簡単に点数を上げられる状況ではないだけに、なかなか大変そう

レーサー全国当地モーターボート今節成績
登録番号/級別
氏名
支部/出身地
年齢/体重
F数
L数
平均ST
勝率
2連率
3連率
勝率
2連率
3連率
No
2連率
3連率
No
2連率
3連率
初日2日目3日目4日目5日目最終日
14168 / A1
石野 貴之
大阪/大阪
38歳/52.9kg
F0
L0
0.17
5.44
29.58
42.25
7.20
57.95
69.32
32
33.64
46.54
80
31.86
51.96
23897 / A1
白井 英治
山口/山口
44歳/53.1kg
F0
L0
0.12
8.05
64.58
82.29
7.93
35.71
57.14
82
40.69
54.90
60
36.36
53.11
34371 / A1
西山 貴浩
福岡/福岡
33歳/52.7kg
F0
L0
0.14
7.50
50.49
66.99
7.73
48.48
75.76
52
35.07
52.13
13
34.29
49.52
44044 / A1
湯川 浩司
大阪/大阪
41歳/52.0kg
F0
L0
0.15
6.96
42.50
59.17
7.81
61.60
82.40
79
36.87
55.30
69
32.65
48.47
54337 / A1
平本 真之
愛知/愛知
36歳/53.7kg
F0
L0
0.12
7.15
46.51
59.30
8.69
53.85
69.23
80
41.79
56.22
86
36.73
52.55
63622 / A1
山崎 智也
群馬/群馬
46歳/53.1kg
F0
L0
0.17
6.78
50.00
63.21
6.30
25.00
45.00
21
33.18
47.39
56
32.68
48.78

ドリーム戦の1号艇、ここは勝っておきたいところ。
しかし、かなり部品交換をしており、モーターの調子は良くなさそう。
コメントを見ても、弱気なコメントが目立っていて、正直言えばイン逃げで買いたくなかった
ただ、じゃあ他の選手がよかったかというと、なかなかそこまで確信を持てなかった。
3号艇の西山貴浩選手は整備士と相談すると言うし、6号艇の山崎智也選手も同じく整備しと相談すると。
相談してすぐに好転すればこんな簡単な話はないんだけどねw
4号艇の湯川浩司選手が展示タイム的によかった。
湯川選手が展開を作るとすれば、その隣の5号艇平本真之選手がいいかな
あとは石野選手に最後は期待することにし、151-全-5
スタートは明らかにダッシュ勢の方がよく、明らかに湯川選手のスタートがよかった
強烈なまくりが決まってしまい、石野選手も抵抗できず。
湯川選手のまくりはあるかもしれないと思っていただけに、かなり悔しい
ただ全く候補にもなかった6号艇が来ちゃってるんだよね。
おそらく湯川選手から買ってたとして、平本選手で買ってたはず。
そんなことになってたら悶絶どころの騒ぎではなかったと思う。
地団駄を踏み、もしかすると誰かに八つ当たりをしていたかもしれないw
426で15370円、結構ついたけど、とれてなかっただろうなぁ。
石野選手は最下位、なかなか大変な状況になってきたように思う。

勝式組番払戻金人気
3連単4-2-6¥15,37049
3連複2=4=6¥5,83016
2連単4-2¥2,40011
2連複2=4¥1,2506
拡連複2=4¥2603
4=6¥1,27012
2=6¥1,70014
単勝4¥340 
複勝4¥210 
2¥150 
レーサータイム
144044 / 湯川 浩司1'48"6
223897 / 白井 英治1'49"5
363622 / 山崎 智也1'51"6
434371 / 西山 貴浩1'52"8
554337 / 平本 真之1'53"9
614168 / 石野 貴之1'57"3
水面気象情報
天気曇り気温 13.0℃
水面波高 1cm水温 11.0℃

この日のびわこをチラッとみたら、とにかく転覆のオンパレード
3号艇の選手がこれでもかとコケていく。
そんなに荒れた水面ではなさそうだったけど、どうやら雪解け水が悪さをするらしい。
東の江戸川、西のびわこ、なかなかにトリッキーで、気を許すことができない。
選手たちは大変だと思う