9月30日、児島の2日目、G1児島キングカップ!

この時期のG1は一線級の選手にとっては極めて重要な一戦になっていく
グランプリやグランプリシリーズに出るための賞金を重ねないといけないから。
峰竜太選手みたいに独走してればそんなことは考えなくてもいいけどねw
当落線上にいる選手だと、少しでも賞金を重ねたいという想いはあるだろう
あと、G1を勝つとボートレースクラシックの優先出走権を得られるのも大きい
SGって色んな選考条件があって、一見すると出られそうな人も出られないということがあるよね
だから、G1を勝つのは本当に大事だから、当然ながら選手たちは真剣そのもの

そんな中で7レース、峰さんは6号艇
どこからでも勝つのが峰竜太の真骨頂だけど、さすがにG1以上の6号艇は鬼門になっている様子
まぁどの選手にとっても6号艇は鬼門なんだけどね
だから展示で動いて少しでもインを主張しようとするのがここ最近の峰さん。
この時もインを取ろうと動いた峰さん、さすがに他の選手も抵抗。
というより、そこまで動いてなかったかもしれない。
ただ他の選手がスローに構えて、結果的にオールスロー。
展示でオールスローではなかっただけに、おいおい大丈夫かという空気が伝わってくる。
私は買いそびれたので見てたけど、他の選手のプレッシャーは相当だったかもしれない
その結果が3艇フライング、他の選手もギリギリのスタート。
フライングした選手たちの中に峰さんがいるから、フライングした選手たちに守られた形に。
いやぁ~やらなくてよかったし、間違いなく全返還だったと思う。
峰さんはラッキーだもんなぁ
やっぱりオールスローは感覚がおかしくなっちゃうんだよね。
今村豊選手は常にスローなので、6号艇に入ろうものなら自動的にオールスロー状態
こういうのがあるから面白いんだけど、選手からしたらたまんないよなぁ。

三国の4日目の女子戦を見てたら、また遠藤エミちゃんがインで差されてた
力はあるし、相手もそんなに強いわけではないのに、しかし差される。
1号艇で有力選手が飛びがちな女子戦なので、常にイン以外の目を考えるけどね。
三国の企画レースでそれをやられるか
216で3万舟にもなるよなぁ
三国というボートレース場もクセがありそうで、私はあんまり手を出したくないところ
そして小野生奈ちゃんが順調に準優1号艇をゲットしてたから、
またちゃんと逃げるのかどうか、その予想になっていくのかな

レーサー全国当地モーターボート今節成績
登録番号/級別
氏名
支部/出身地
年齢/体重
F数
L数
平均ST
勝率
2連率
3連率
勝率
2連率
3連率
No
2連率
3連率
No
2連率
3連率
初日2日目3日目4日目5日目最終日
13024 / A1
西島 義則
広島/島根
58歳/53.3kg
F0
L0
0.16
7.62
63.40
75.16
7.81
67.80
81.36
52
39.49
55.41
73
34.19
56.41
2R3.28
7R2.42
24762 / A1
藤原 啓史朗
岡山/岡山
30歳/51.0kg
F0
L0
0.13
7.15
54.70
71.79
6.49
52.98
67.86
41
34.97
49.08
51
28.07
44.74
1R1.22
11R5.08
34522 / A1
古澤 光紀
福岡/福岡
32歳/52.6kg
F0
L0
0.14
7.20
60.84
75.52
7.10
57.14
80.95
33
34.76
51.83
18
46.67
61.48
8R6.201R2.05
44512 / A1
高野 哲史
兵庫/兵庫
31歳/51.0kg
F0
L0
0.15
7.12
59.09
70.78
6.40
50.00
60.00
64
24.52
40.00
64
29.36
47.71
3R5.173R1.20
54033 / A1
伊藤 将吉
静岡/静岡
42歳/51.5kg
F0
L0
0.14
6.44
49.62
64.12
6.79
63.16
63.16
58
38.51
63.35
29
43.61
62.41
5R3.25
64320 / A1
峰  竜太
佐賀/佐賀
35歳/51.0kg
F0
L0
0.14
8.91
74.02
84.25
8.00
61.54
82.05
40
40.85
60.98
38
31.19
46.79
12R1.16