8月9日、多摩川の5日目のレディースチャンピオンの準優勝戦!

4日間で固め打ちをしていたので、「還元」しようと思い、3レースで勝負
10レースが、1号艇遠藤エミ選手
遠藤エミちゃんのおかげで初日のドリーム戦、当てられたからね
すべてはそこから始まってるから
なので、ここは遠藤エミちゃんのイン逃げにして、相手は6号艇の土屋南ちゃん。
16で何回お世話になったか、ここは夢があったので狙ってみる価値はあった。
しかし、まさかの遠藤エミちゃんが後手を踏むという事態に。
思えば、去年のクイーンズクライマックス、1号艇で負けてたもんなぁ
しかも、その時も今回も3号艇にしてやられてた
正確には、最初は2号艇の櫻本あゆみちゃんが抜け出したところ、3号艇の細川裕子ちゃんが抜いたと。
実績なんてあれだけ残してるのに、それでもインを飛ばす
今節の多摩川は、今日の今日までつかみどころがないんだよなぁ。
つかみどころがないからこそ、これだけ勝てたのかなw

11レース、1号艇は平山智加選手
いくらなんでも、平山智加ちゃんが飛ぶのはありえないと思ってた。
イン逃げイン逃げなんだけど、問題は相手。
こうなったら全部16で買ってやろうかとキレ気味だったのはここまでの話。
冷静に考えて、今日の流れ的にそれはないだろうなと。
2号艇の日高逸子さんが差し構えになると読み、それはブロックされるはず
色々考えた結果、出た結論が5号艇の水野望美ちゃんと。
あと、10レースで外したタイミングで買ってるので、論理より感情で動いてた。
スタートは水野望美ちゃんがしっかり出てたけど、そこまでの差ではなく。
さすがは男女混合のG1を制しただけあって、貫禄がある
元々女子レーサーのトップオブトップ、そりゃ1号艇では負けられないよね
案の定日高さんはブロックされていて、その外を回った佐々木裕美さんと水野望美ちゃんが2番手3番手。
勝負は1周目2マーク、水野望美ちゃんがうまかった
小回りでうまく回って、2周目1マークのところではリードしてた
26倍と63倍は全く違うからね。
普通に手を叩いて応援してたし
マジで女子戦、これで結構ないいアベレージになったと思う。
今年の収支だけでみれば、多摩川が相性のいいボートレース場になってるから。
これが始まる前まで、東京のボートレース場の相性の悪さを感じまくってたけどね。
普段からこれだけやっていたかった