12月31日、浜名湖の最終日、12レース、クイーンズクライマックス優勝戦!

1号艇は平高奈菜選手
1号艇のポールポジションをつかんだのは、1勝2着2回、連対率パーフェクトの平高奈菜ちゃんだった。
クイーンズクライマックスは初戦だけ賞金獲得順で決まり、あとは抽選
振り返ってみると、1位~4位までの選手が結局優勝戦に乗っていた。
あと平高奈菜ちゃんは運がよく、インこそなかったものの、2号艇2回と4号艇1回
イン2回でイン逃げ2回の守屋美穂ちゃんは、5号艇4着が響いて2号艇に。
イン逃げに失敗した平山智加ちゃんが3号艇、小野生奈ちゃんが4号艇。
本来フライング休み期間で、まだ未消化な大山千広ちゃんは5号艇。
3走全部ダッシュ、クジ運がない中で3着3本だった遠藤エミちゃんが6号艇だった。
終わってみれば納得の6人、これがリアルな意味のオールスターだと思う。
人気投票だけでなく、実力を加味した、現在の女子選手のベスト6
その中で、ケガさえなければ今年は無双だったかもしれない平高奈菜ちゃんが1号艇
ここはもうイン逃げで買わざるを得ないよね

普段なら、遠藤エミちゃんが6号艇にいて、16でいいかと思ったけどね。
でも、朝の段階で、現実的なところで平山智加ちゃんと大山千広ちゃんじゃないかと。
ここ一番でやるイメージと、ここ一番で痛い目を見たイメージが合わさった感じ。
レディースオールスターで飛んでいく小野生奈ちゃんとレディースチャンピオンでチャンスを活かせなかった遠藤エミちゃんの姿
終わってみればその2人で2着3着だったんだけどね。
遠藤エミちゃんが進入で動くことを宣言していたのを知らずに朝の段階で買ったのがすべてだった。
動くと分かれば16で買ってたと思う。
お得意の161-全-6で勝負していたのにね
でも、スタートで遠藤エミちゃんと平高奈菜ちゃんが01スタート
グランプリの峰竜太選手ばりの、これ以上ない最高のスタートだったなぁ

平高奈菜ちゃんはフライング3本目を喫した2018年以降、1回もフライングを切ってない。
それまではフライングを連発し、転覆もやたらと多かった。
それが今回は、14、09、01、01のスタート
質の高いスタートをバンバン決めていく、そして、ターンは早い。
そりゃ女王になったって不思議ではないけど、勝負の女神はとにかく遠回りをさせてきたね。
平高奈菜ちゃんが女王になってくれたことが本当にうれしかったなぁ

レーサー全国当地モーターボート今節成績
登録番号/級別
氏名
支部/出身地
年齢/体重
F数
L数
平均ST
勝率
2連率
3連率
勝率
2連率
3連率
No
2連率
3連率
No
2連率
3連率
初日2日目3日目4日目5日目最終日
14450 / A1
平高 奈菜
香川/愛媛
33歳/46.5kg
F0
L0
0.15
5.95
36.89
52.43
7.33
66.67
88.89
30
46.58
63.70
32
46.81
68.09
12R2.1411R4.0912R2.01
24482 / A1
守屋 美穂
岡山/岡山
31歳/45.0kg
F0
L0
0.17
7.21
52.86
70.71
7.13
50.00
71.05
66
47.44
67.95
72
50.00
66.67
12R1.0712R1.0112R5.11
34387 / A1
平山 智加
香川/香川
35歳/45.5kg
F0
L0
0.16
6.68
42.62
63.11
0.00
0.00
0.00
22
42.55
58.87
17
46.30
61.11
11R1.1612R3.1311R2.12
44530 / A1
小野 生奈
福岡/福岡
32歳/45.5kg
F0
L0
0.16
7.37
53.72
77.69
7.31
53.85
65.38
51
42.96
57.75
29
46.81
57.45
11R2.2011R2.0912R1.02
54885 / A1
大山 千広
福岡/福岡
24歳/47.0kg
F0
L0
0.12
6.38
39.24
54.43
7.25
50.00
62.50
6
40.40
54.30
18
45.65
73.91
12R3.1611R1.0911R6.21
64502 / A1
遠藤 エミ
滋賀/滋賀
32歳/45.0kg
F0
L0
0.15
6.99
46.22
64.71
6.77
46.15
57.69
13
43.57
63.57
70
46.67
62.22
11R6.1211R5.0811R4.14