11月12日、大村の最終日、優勝戦の12レース

前回は大村の優勝戦で初めて万舟を拾えた
この経験は大きくて、大村優勝戦に対する苦手意識が一気に消えたんだよなぁ。
単純な話なんだけどね。
でも、単純な話ではあるけれど、そういうのってホント大事なんだよ
とはいえ、16が何回も続くだろうかという思いはあった。
1号艇は山本隆幸選手
前節は地元尼崎、優勝戦で転覆という流れが最悪なところから着実に勝ち上がって優勝戦1号艇
決してモーターはいいとは思えないものの、ドリーム戦を勝ち、6号艇で2コースに入り、懸命にポイントを稼いでこの舞台に
2号艇には地元の中村亮太選手、この選手も結構厄介な存在。
普通に考えればこのあたりで決まりそうなんだけど、オッズ的にどうか。
正直な話、14とか15とか色々見てて、あまりしっくり来てなかった。
そんな感じで展示タイムを見てたら、1位が6号艇の前原大道選手。
6号艇の選手が1位になると、もう買わざるを得なくなるというか。
前原選手、123期生の中ではトップ、いわゆる養成所チャンプ
123期では通算成績2番目、しかし勝率は3点台前半と言ってしまえば微妙な状況。
123期だと上田紗奈ちゃんが覚醒して、他の男子レーサーはどうなるのか、そんな状況で養成所チャンプがここで初優出。
そんなに夢を追いかけるのはやめようと思っていた中で、夢を信じようと。
16-全と1-全-6で勝負
スタートは全員ほぼ横一線、しかも02から06まで、レベルの高いスタート
そんな中で山本選手は落ち着いてた。
きっちりイン逃げを決めて、道中は中村選手もそれなりの位置に。
そして、2マークで前原選手がきれいなターンを決めて3番手に。
途中、5号艇の室田泰史選手に詰められたところはあったけど、それでも危なげなく3着を確保。
126で2730円、本当はもっとついてたけど、前原選手のモーターがめちゃくちゃいい評価だった。
だって、10点満点中10点の評価で、展示タイムであれだけ動かれたらね。
とはいえ勝率3点台の選手がどこまでやれるのよというのもあるわけ
だからそんなに売れないだろうと思ってたけど、やっぱり養成所チャンプはすごかったね

レディースオールスターの投票を済ませたけど、やっぱり人気投票状態になっちゃうんだよね。
オールスターでどちらかといえばそのイメージ

レーサー全国当地モーターボート今節成績
登録番号/級別
氏名
支部/出身地
年齢/体重
F数
L数
平均ST
勝率
2連率
3連率
勝率
2連率
3連率
No
2連率
3連率
No
2連率
3連率
初日2日目3日目最終日
14025 / A1
山本 隆幸
兵庫/兵庫
43歳/52.0kg
F0
L0
0.18
6.54
44.35
64.52
6.50
50.00
64.71
47
20.48
38.55
47
26.44
44.83
6R3.218R2.217R4.18
12R1.0712R3.1111R1.11
24070 / A2
中村 亮太
長崎/長崎
39歳/52.4kg
F0
L0
0.15
7.22
56.86
72.55
7.10
59.20
68.80
75
53.23
61.29
52
28.17
46.48
8R1.185R3.163R6.31
12R2.0610R4.099R1.10
34757 / A1
山田 祐也
徳島/高知
31歳/52.0kg
F0
L0
0.13
6.15
42.16
58.82
6.59
52.94
58.82
11
35.06
45.45
20
38.36
47.95
9R6.193R2.086R1.04
12R5.139R1.1110R2.21
44171 / A2
榎  幸司
長崎/長崎
38歳/51.5kg
F0
L0
0.17
6.50
47.97
63.41
7.00
55.17
69.46
15
28.05
53.66
49
46.84
63.29
3R4.187R1.115R1.16
11R2.0611R4.1511R3.11
53548 / A2
室田 泰史
福井/福井
50歳/52.4kg
F0
L0
0.14
6.02
41.73
57.48
5.53
36.84
52.63
32
24.10
44.58
40
39.02
51.22
6R1.133R4.076R5.08
10R4.0812R2.069R3.08
65058 / B1
前原 大道
岡山/岡山
24歳/51.5kg
F0
L0
0.21
3.41
13.19
25.27
3.86
28.57
28.57
58
36.14
50.60
26
30.86
51.85
6R4.291R5.132R2.13
7R6.1210R4.18