9月23日、徳山の初日、G1ダイヤモンドカップのドリーム戦!

1号艇は地元の今村豊選手。
2019年は優勝なしに終わったけど、今年も含めて毎年のように徳山で優勝してる
今年も徳山の一般戦で優勝してるし、徳山の開設G1も勝っていて、いわばホーム
ドリーム戦の1号艇も納得という感じだし、ここは勝ちたいところ。
この半年は1号艇に入ると3連対率が100%、1着も多め
徳山の開設G1でもドリーム戦1号艇で勝ってるので、さすがにここは買っておきたい。
相手をどうしようか考えた時に、ドリーム戦なのでメンツがとにかく一線級。
グランプリ覇者もいれば直近のSGで優勝した人もいるので、狙うのが大変
そんな時は夢の1-6、もはや予想を放棄している感じだけど、イン逃げ万舟を狙うならという感じ
イン逃げ万舟って一番夢があるし、狙いやすいところだからね
6号艇の山口剛選手だって、そんなに悪い選手じゃないわけで。
長嶋万記ちゃんと同期、もしかしたら同期で出世頭になるのかな
ここは夢に乗っかりたい、現実味がありそうだったので16-全と1-全-6

部品交換をかなりの選手がやってるという驚愕の事実が発覚

今村選手も3号艇の石野貴之選手も、山口選手もみんなでやってた
ピストンリングを4本変える時は危ないという話を前に聞いたが、今村選手がそれを。
これは荒れるでしょって、これ買う前に知りたかったよという話
終わってみれば部品交換をしなかった選手2人でのワンツー
めちゃくちゃ分かりやすい結果だったね
だから、部品交換するやつは買えないと決めてたら取れた舟券だった。
でも、6人中4人が部品交換をするってなかなか珍しいと思ったけどね。
スタートは決まったし、1マークまでは今村選手の目もあったのに。
2マークで膨らんじゃったのがあまりにも大きかった。
狙いはたぶん合ってたと思いたいけど、山口選手がどうにもならなかったから

蒲郡の女子戦、16チャンスは1回だけあった感じだけど、序盤の16ほど買えないものはなくて
最終レースとか準優勝戦とかあのあたりの16に夢を感じる
結局力量差がそこまでないし、6号艇でもチャンスがある時はあるからね
普通のレースだと6号艇に新人が入っちゃうからね
蒲郡の女子戦は特に新人が多いからなかなか狙いにくい。
1着をとるメンバーを見る限りでは、まぁおばちゃんが強いなぁw

レーサー全国当地モーターボート今節成績
登録番号/級別
氏名
支部/出身地
年齢/体重
F数
L数
平均ST
勝率
2連率
3連率
勝率
2連率
3連率
No
2連率
3連率
No
2連率
3連率
初日2日目3日目4日目5日目最終日
12992 / A1
今村  豊
山口/山口
59歳/50.5kg
F0
L0
0.14
6.56
45.45
57.95
7.75
62.94
79.72
64
36.47
56.47
67
32.11
54.21
23783 / A1
瓜生 正義
福岡/福岡
44歳/51.1kg
F0
L0
0.13
7.81
53.91
66.96
7.61
60.71
78.57
45
26.53
45.92
24
30.89
45.03
34168 / A1
石野 貴之
大阪/大阪
38歳/52.1kg
F1
L0
0.15
6.71
48.45
61.86
6.80
40.00
70.00
29
33.33
51.61
69
33.52
47.16
43942 / A1
寺田  祥
山口/山口
42歳/51.3kg
F0
L0
0.16
7.36
51.89
59.43
8.35
73.39
81.65
11
33.33
53.92
64
32.97
49.73
54028 / A1
田村 隆信
徳島/徳島
42歳/54.7kg
F1
L0
0.15
6.82
45.95
57.66
6.15
30.77
42.31
63
42.71
63.54
27
41.01
56.74
64205 / A1
山口  剛
広島/広島
38歳/51.3kg
F0
L0
0.14
7.43
52.86
76.43
7.41
52.94
64.71
35
36.00
52.00
58
38.33
55.00