1月7日の東京は緊急事態宣言が発令される直前とあって、なんだか騒がしかったなぁ
せっかくのイベントも中止になり、また家の中でボートレースをする日々になるのかな。
まぁ家の中でボートレースをするのはいつものことなんだけどねw
とにかく自分の身は自分で守る、この意識を持つしかないよね

1月7日、唐津の2レース!

1号艇は岡瀬正人選手。
このレースは女子選手が2人いるけれど、その女子選手がなかなか信頼しにくい選手。
4号艇の黒明花夢ちゃんは勝率1点台、岡山支部の女子選手ではあるけれど、まだまだ課題が多そう。
6号艇の末武里奈子ちゃんも勝率的にはなかなか厳しい感じ。
挙句、モーターの数字は良くないので、積極的に買える感じではない様子。
そうなると1235しかいなくなるわけで、当然123がバカ売れ
朝も早くから、そんなレースをやる気にならないので、なんとか穴を探す。
すると、5号艇の西川真人選手がいるので、その人に注目して見ることに。
果たしてどうなることやら。
ちなみに2号艇にはYouTuberとしての活動もする岡村仁選手。
解説がわかりやすく、大阪支部の選手との距離の近さも有名。
それはさておき、普通に考えるのであれば125だけど、これではつかない。
だって、125で3.8倍、さすがにここは狙えない。
そもそも岡村選手に3着以下になってもらうしかない。
151235の3点で勝負
あっさり結果を書くと、123、370円だったけどね。
ドン・キホーテレベルの安さの殿堂というやつだった。
これではなぁ、徳山の女子戦も結構な風が吹いてたんだよなぁと思いながら徳山を買った。
その結果、全然来なくて余計に傷を作った感じがした。

そういえば末武里奈子ちゃんはソフトテニスをやってて、国体にも出場したらしい。
ボートレーサーってその手の選手が転向することが多いけど、すごいなって思う。
でも、そういう選手でもボートレースで結果を残すことは大変なんだな。
ちなみに師匠は、先日引退した今村豊元選手
末武里奈子ちゃんのお父さんと交流があったそうで、その関係なんだとか。
デビューが元々遅く、24歳とどちらかといえばオールドな感じに。
3年間は勝率はカウントされないので、今あたりが4期通算勝率にかかってくる状況。
これでもだんだんと成績を上げていってる方。
4期通算でアウトにならないように頑張ってほしいなぁ。

レーサー全国当地モーターボート今節成績
登録番号/級別
氏名
支部/出身地
年齢/体重
F数
L数
平均ST
勝率
2連率
3連率
勝率
2連率
3連率
No
2連率
3連率
No
2連率
3連率
初日2日目3日目4日目5日目最終日
13746 / A2
岡瀬 正人
岡山/岡山
45歳/52.4kg
F0
L0
0.17
5.77
36.57
60.45
6.37
46.34
63.41
50
23.08
41.03
54
41.45
52.63
5R3.14
10R6.17
24311 / A1
岡村  仁
大阪/大阪
36歳/52.6kg
F1
L0
0.15
6.53
47.87
73.40
5.73
45.45
50.00
62
22.22
38.10
35
40.51
60.13
4R1.11
12R4.16
34164 / B1
岩永 節也
長崎/長崎
38歳/52.1kg
F0
L0
0.18
4.17
20.43
36.56
3.94
6.25
25.00
37
28.75
50.00
55
25.83
39.07
6R4.24
45113 / B2
黒明 花夢
岡山/岡山
21歳/50.2kg
F0
L0
0.22
1.58
1.75
3.51
1.50
0.00
0.00
61
31.65
46.84
44
24.66
40.41
9R5.22
54253 / B1
西川 真人
滋賀/滋賀
37歳/55.5kg
F0
L0
0.19
4.41
16.48
42.86
4.60
20.00
44.00
21
38.10
57.14
74
41.28
59.88
5R1.23
64923 / B2
末武 里奈子
山口/福岡
28歳/48.2kg
F0
L0
0.17
2.58
3.85
7.69
2.69
6.25
6.25
67
22.22
30.16
86
38.51
58.39
4R5.14
9R3.17