5月10日の芦屋の読売新聞社杯全日本王座決定戦開設68周年記念の初日第11レース

1号艇は、SGレーサーとして今年も賞金王争いをリードする吉川元浩選手。
1走目は4号艇から6着という、幸先の悪いスタートに。
しかし、どんな因果なのか、3人がイン逃げに失敗してるという状況
2号艇の永井源選手は5着、3号艇の西山貴浩選手は6着、5号艇の重野哲之選手は3着。
みんなそんなに悪いスタートではなかったものの、イン逃げならず。
こういうのを見ると、吉川選手のイン逃げでいいんじゃないかと。
SGやG1における枠別の成績を見ると、吉川選手はほぼ9割。
永井選手の逃し率も8割ほどあるので、イン逃げはほぼ濃厚な状況。
こうなると、相手をどうするかが悩みだけど、展示タイムがよかった4号艇の吉田拡郎選手に。
信頼度が高く、3連対率が75%だった。
数字が良かったのと、展示タイムが他の選手よりかなり良かったので。
14-全、1-全-4で勝負。
永井選手がやや出遅れ、吉田選手のスタートがほぼ完ぺき。
こうなると自然と14隊形になっていくもので、これがよかった。
3号艇の西山選手の足があまり良くなかったのも幸いだったかも
その後、6号艇の春園功太選手にやられて、164
14の組み合わせの中では、一番ついたのが164、3,610円
こうやってあっさり取れちゃうのは、なんだかうれしい
データをきちんと見ると、当てやすくなるんだなぁ。

丸亀の準優勝戦は波乱なし

女子の準優勝戦は、櫻本あゆみちゃんが途中まで先頭だったけど、そこは地元の意地。
平高奈菜ちゃんがミスを逃すことなく、きっちり差してました
長嶋万記ちゃんはなんとか3着を確保して優勝戦へ。
優勝戦は、女子が奇数枠、男子が偶数枠という状況。
怖いのは、平高奈菜ちゃんは結構まくられやすく、櫻本あゆみちゃんが3コースまくりが結構いい数字。
2号艇の仲谷颯仁選手の差し率が30%を超えてるので、ここが注意
きっちり逃げてはくれるだろうけど、今日を見る感じ、それが怖い。
女子選手の方がみんな先輩なので、先輩風を吹かして威圧するというのもね。
モーター自体は、優勝戦メンバーはみんなそんなにいいわけではない。
ただここ最近の傾向だと平高奈菜ちゃんのモーターがいい感じ
展示タイム次第で決めるけど、長嶋万記ちゃんから買いたいよね。
5-全-全、たぶん買ってなくて泣いちゃうやつだ

 

レーサー全国当地モーターボート今節成績
登録番号/級別
氏名
支部/出身地
年齢/体重
F数
L数
平均ST
勝率
2連率
3連率
勝率
2連率
3連率
No
2連率
3連率
No
2連率
3連率
初日2日目3日目4日目5日目最終日
13854 / A1
吉川 元浩
兵庫/兵庫
47歳/50.5kg
F0
L0
0.13
7.79
58.33
73.33
6.70
30.00
70.00
34
33.48
54.02
64
54.55
81.82
6R4.15
24067 / A1
永井  源
愛知/福岡
40歳/51.7kg
F0
L0
0.15
6.16
36.36
61.62
6.28
44.00
68.00
47
25.34
37.56
49
33.33
55.56
2R1.17
34371 / A1
西山 貴浩
福岡/福岡
32歳/51.3kg
F0
L0
0.14
7.18
48.18
70.80
6.87
46.75
63.64
27
45.61
61.40
34
41.18
58.82
5R1.14
44166 / A1
吉田 拡郎
岡山/岡山
38歳/51.0kg
F0
L0
0.13
7.46
59.42
79.71
8.00
66.67
75.00
17
27.95
45.85
44
33.33
44.44
7R6.12
53995 / A1
重野 哲之
静岡/静岡
41歳/51.0kg
F0
L0
0.12
6.82
49.59
66.12
8.00
70.00
90.00
32
25.68
37.70
18
46.15
76.92
4R1.07
64796 / A1
春園 功太
三重/三重
28歳/51.0kg
F0
L0
0.14
6.40
45.19
68.27
7.36
54.55
81.82
10
39.74
54.27
59
18.18
54.55
3R4.14