7月30日、びわこの初日のG1びわこ大賞!12レースのドリーム戦!

1号艇は王者松井繫選手、50歳を過ぎてもダンディーな姿はかっこいい
G1やSGでの松井繁選手は1コースで7割以上の勝率
普通は、イン逃げで考えるのがいいんだけど、なかなかそうもいかない展開が。
3号艇が地元の馬場貴也選手で、4号艇がスタート巧者の菊地孝平選手。
この2人がうまくスタートを切ったらさぁどうかということが。
松井繁選手にとってネックなのが、差され率まくられ率の差。
この半年のSGやG1成績を見ると、まくられるケースはゼロ。
その代わり、差され率が10%をオーバーしているので、まくられるのが嫌いな様子。
差されるのもまくられるのも同じだろうにと、素人目には思うけど
2号艇の篠崎元志選手が2コースからの差しを決めているので、ここがどうか。
ただ、モーターに関してかなり弱気なコメントを残しており、そこが心配
想定したのは、菊地孝平選手がまくりにいき、松井繁選手が突っ張って、内が開いたところの差し。
モーターを考慮すると、地元の馬場貴也選手ではないか
しかし、さすが地元ということもあり、結構売れてる。
個人的には133から買うか、このあたりで迷ってた。

そして、もう1人迷わせるのが、6号艇の峰竜太選手
峰さんといえばこの前のSGの4コースからの差し。
でも、6コースからどこまでやれるかがここでは大きなカギを
ただ、展示タイムでは、峰さんがトップに
峰さんが展示タイムトップだった時の成績は、3連対率がおよそ90%
他の選手はだいたい70%台の中を見ると、これは信頼できる。
1回の回数が群を抜いて多く、それで数字がいい。
前にも書いたかもしれないけど、いわゆるパチンコパチスロでいう激熱
1636かを考えた時に、やはり馬場選手から買ってみたくなった。
36-全、3-全-6、トリッキーな買い方かもしれないけど、狙ってみたい

スタートは、そんなに差がなく、若干篠崎選手が遅れた形に
これだとイン逃げかもしれないなと思っていると、それでも菊地選手がまくりに。
やっぱり抵抗する王者、内が開いちゃった。
そうなると地元の馬場選手、びわこの走り方をわかってる。
その後ろについてきたのが峰さん。
峰さんも少しヒヤリと差せる場面はあったけど、それでも落ち着いてた
316で2320円、全然ついてない。
でも、幸先よくここでとれるからいいよね

レーサー全国当地モーターボート今節成績
登録番号/級別
氏名
支部/出身地
年齢/体重
F数
L数
平均ST
勝率
2連率
3連率
勝率
2連率
3連率
No
2連率
3連率
No
2連率
3連率
初日2日目3日目4日目5日目最終日
13415 / A1
松井  繁
大阪/大阪
50歳/50.0kg
F0
L0
0.15
7.76
56.60
70.44
7.61
50.00
66.67
32
33.33
56.41
68
61.29
70.97
24350 / A1
篠崎 元志
福岡/福岡
34歳/51.0kg
F1
L0
0.15
7.58
48.46
67.69
4.00
0.00
22.22
65
26.09
39.13
36
33.33
46.15
34262 / A1
馬場 貴也
滋賀/京都
36歳/51.8kg
F0
L0
0.17
7.25
45.16
63.71
7.50
60.71
73.57
31
65.12
74.42
49
39.02
70.73
43960 / A1
菊地 孝平
静岡/岩手
41歳/53.2kg
F0
L0
0.11
7.51
46.09
64.35
7.84
64.00
76.00
43
42.86
64.29
12
30.77
56.41
53388 / A1
今垣 光太郎
福井/石川
50歳/51.0kg
F0
L0
0.17
6.92
44.26
57.38
8.67
77.78
83.33
47
44.19
72.09
55
36.67
56.67
64320 / A1
峰  竜太
佐賀/佐賀
35歳/51.0kg
F0
L0
0.14
9.13
78.17
90.14
6.78
44.44
55.56
67
22.50
42.50
46
32.35
61.76