3月26日ドバイワールドカップデー

馬券が発売されるのは後半4レースだけど、
前半にもレースはたくさん
9レースの中で最初のレースはアラブ種のレースなので、
日本馬は出ることができない。
だから、実質8レースなんだけど、
結果からいえばそのうち5レースで日本馬が優勝

最初に先陣を切ったのがゴドルフィンマイル
正直、バスラットレオンが勝つとは思ってもいなかった
武蔵野ステークスで大敗を喫した馬なのに、
まさかここで勝っちゃうなんて。
やっぱり逃げを打った時の坂井瑠星騎手はすごいよね。
受け答えも英語だし、ペラペラだし、色々と様になってる。
当然だけど、現地では15番人気だったそうで

ここから日本馬の勢いが凄まじかったってことなんだよね、
ワタシはそれを甘く見てた
ドバイゴールドカップも、
最後の最後でステイフーリッシュが差し返して1着。
日本だと良くも悪くも相手なりで善戦が多い馬だったのに。
そこのところは父ステイゴールドと同じで、
海外だとやたら強い。
海外で2連勝、誰がこれを予想できたんだろう

さすがにアルクオーツスプリントでは
どうにもならなかったけど、UAEダービー
このUARダービーでも、クラウンプライドが1着。
ケンタッキーダービーへの道も開けるとなると、
これは日本競馬も世界の最高峰レベルになったんだなと。
競馬って立派な文化であり、世界に誇れるから、
日本人でよかった

馬券発売の前まででそんなことを思っていたのに、
夕方の時点で馬券を買っちゃってたワケ
地元の馬ばかりで、日本馬は1頭もなし。
まさかこんなに勝てるとは思ってなかったし、
ここまでやれるとも思ってなかった

今までもこういうケースで、
結局勝てなかったみたいなレースが多かったから
ドバイゴールデンシャヒーン
今思えばチャンスレースだったんだよなぁ。
地元馬が来るのは合ってたし、配当もついてた。
もっと振り切っていれば取れていたかもしれないだけに、
本当に悔しい

あとはもうノーチャンスというか、
期待をさせてくれただけありがとうって感じ。
ドバイターフのパンサラッサには感動したなぁ
同着で優勝したけど、
やっぱり逃げを打ってそのまま残せるのがすごいと思う。
なかなか逃げ切るって難しいからね

シャフリヤール
ダービー馬の意地を見せてくれて、よかった
ダービー馬が海外競馬で勝つって初めてらしい。
日本馬は世界でも通用する、
ダートでもやれるってのがうれしいよね

<PR>こちらのサイトでスポーツや海外の競馬にもベットして遊べます