2月19日、阪神の11レース、京都牝馬ステークス!

1番人気はスカイグルーヴ
本来は京都開催ながら、改修工事の影響でここ2年ほどは変則的な開催。
阪神1400メートルの重賞は、阪急杯や阪神カップ、フィリーズレビューと同じ。
阪神1400メートルって結構適性が問われるので、ここで結果を出せてる馬にチャンスが来る。
なので、迷うことなく本命をシゲルピンクルビーにした。
フィリーズレビューにも勝っていて、この舞台は得意。
しかも、夏以降は牝馬限定戦を1回も使わず、短距離の王道を歩み続けていた。
その中で惜しい競馬を続けていたということは、この中なら十分にチャンスがある
そう感じて本命にしたんだけど、終わってみれば4着。
ただ力を出せずの4着という感じではなく、理想に近い展開ながらそれ以上のモノを求められた感じ。
アスタールビーが最初の600メートルで34秒3で逃げ、2番手にロータスランド
ペース的には平均的、ここまではシゲルピンクルビーもいい位置だったと思う。
6ハロン目で最速の10秒7、すでにアスタールビーは力尽きたものの、ロータスランドやスカイグルーヴ、タンタラスは元気
その後ろにシゲルピンクルビーがいて、結果的にはみんなが同じような脚色。
前にいる馬がみんないい脚で伸びてきたら、そりゃ後ろの馬にはどうしようもできず。
ロータスランドは斤量が56キロ、他の馬より2キロ重かったにも関わらず1着
だから差はわずかでも、その中身は快勝そのもの。
岩田望来騎手は4年目でもう200勝を超え、リーディング上位に。
ただなぜか重賞には恵まれてこなかった中でついにつかんだ重賞のタイトル。
産みの苦しみって言葉があるけど、ここからポンポンと勝つように思う。
所属している厩舎が藤原英昭厩舎、馬質はめちゃくちゃいいし、それに応えているわけだから。

ちなみにワタシ、マイルチャンピオンシップでロータスランドを狙ってただけに少し悔しさが

1400メートルという距離はどうなんだろうと思っていたけど、この馬、阪神巧者なんだよなぁ。
あと、スカイグルーヴが人気しすぎているように思った。
牝馬は格より勢いとはよく言うけれど、いくらなんでもと。
ただ、勢いはあったし、人気に近い着順で来たってことはそういうことなんだろうなぁ。
シゲルピンクルビーは相手なりに走るってことなのかな。
ということは、大舞台あたりで狙ってみるのがいいのかも