3月10日、名古屋の11レース、名古屋大賞典!

1番人気はクリンチャー
名古屋競馬場は3月11日の開催で73年の歴史に幕を下ろす
こう書いちゃうと名古屋競馬場が廃止されるような感じだけど、新しいところへの移転
今ある競馬場の跡地をスポーツ大会の会場にするそうで。
新しい競馬場は西日本の地方競馬場の中では直線が長くなるとか。
距離やコースレイアウトもより洗練されたものになるので、今までとは大きく傾向が変わるかもと。
名古屋競馬場って仕掛けどころが結構難しそうだけど、新しいところではどうなるかな。

さて名古屋大賞典
実はデータを調べていく中で狙えそうなのはたった3頭。
クリンチャー、ケイアイパープルアナザートゥルース
クリンチャーに関しては、東京大賞典2着もあるし、名古屋大賞典での実績もある。
斤量に関しても去年克服しているので、普通にクリンチャーで問題はなさそう。
ただこれだと全然つかないから、どうしても別の馬から探さざるを得ない状況に。
その時に出てきたのがアナザートゥルース。
この馬も地方交流ではよく見かけるので、十分チャンスはありそう。
最近は距離の短いところに出てくるようになって、年齢も影響しているのかもしれない。
アナザートゥルースを管理する高木登厩舎といえば、交流重賞で活躍した馬がチラホラ。
怖いのは菅原明良騎手が未経験の馬場でどれだけやれるか。
そんな感じでレースを見てたら、ジンギが好スタート
地方馬が前に行くなんてすごいなと思っていたら、ジンギの実績がやばかった。
名古屋大賞典以上の賞金のレースを勝ってるから、当然それだけやれてもという話。
交流重賞の方が安い、南関東だけの話かと思ったら、園田でもそんな時代になってきた。
この時点で、色々とやらかしちゃってた。
菅原騎手の位置取りは悪くなかったと思うけど、ジンギに先行された分、色々ときつかったのかな。
エブリワンブラック、アメリカンフェイスあの辺りも後方から動き始めているので、前はきつかったかもね。
クリンチャーの位置取りも少し後ろだったから、おやっと思ったけど、最後はきれいに差し切り
クリンチャーはさすがだったし、川田騎手も落ち着いていた
ちなみに馬連は180円、これじゃどうしようもないよなぁ。
ジンギが3着でも全然つかないから、みんなわかってたんだなぁ。
わかってないのはワタシだけ、恥をさらしたわけではないのに恥をかいた感じがする