7月27日、大井の2レース!

1番人気はプロサングエ
他の地方競馬では賞金が上がっていく中で南関東の最下級C3だけはここ10年賞金が変わってない。
高知競馬だって一番下のクラスで1着賞金60万円だからね。
だから、わざわざ南関東に移籍する意味もなくなっちゃうというか。
高知の場合、一定期間活躍できないと一番下まで落ちるからそれなりに稼げるんだよね。
交流重賞で勝ちまくってたグリムがケガをして高知にやってきて一番下から3連勝
そりゃそうだよね、いくらケガしたとはいえ、2021年の黒船賞4着だし。
去年の黒船賞で4着だった馬が高知のC3に出たらどうなるかぐらい誰だってわかるし。
そろそろ南関東も賞金をあげてほしいところだけどね
競馬を支えるのは大手だけじゃなくて零細馬主もだから。

それはさておき、大井の2レース。
C3の面白いところは、細かなクラス分けの上下で予想ができるところ。
今回はC3の三組と四組なので、今回の大井開催にエントリーしたC3の馬の中で3番目、4番目の馬たち。
例えばプロサングエは、前走はC3の七組八組で1着。
少しだけ昇級的な感じになっていて、それでどうか。
だったらC3の五組六組で買ったソノラメンテの方が格的には上。
でもプロサングエは1年近い休み明けながら前走大楽勝とか、色々考えられる。
あとトウメイドライブはC3の一組二組で2着、今回はランクが少し落ちる形。
何よりC3の三組四組で勝ってるからね。
こうやって見ていくと、意外と一番下のクラスのレースの方が面白いでしょ
時期によっては門別からの転入馬、中央からの転入馬とか色々出てきてそれも面白いから。
あと南関東って展開とかあんまりないからね。
展開がないというのは語弊があるけど、要するに思ったようにスタートしてくれないわけ。
その感覚が分からない人は南関東に限らず、地方競馬はやらない方がいいと思う。
そこまで見切っての地方競馬だから。
まぁそれでも前に行きそうな馬を探すんだけどね。
実は7月からクラス替えがあって、エブリーエックスはC2から落ちてきた。
前走は少し差がついてたけど、この馬が面白そうだった
ただ結果的にはソノラメンテとプロサングエで決着して、エブリーエックスは3着。
やっぱり格って大事だし、あと勢いも重要なんだなぁって思う。
南関東で遊んでて楽しいのは実は前半レースで、後半はあんまり楽しくない
こういう楽しみ方をするようになると末期だからね。

<PR>こちらのサイトでスポーツや海外の競馬にもベットして遊べますよ