5月29日、東京の11レース、日本ダービー!

1番人気はダノンベルーガ
最近巷では「粗品の呪い」というものがあるらしいw
なんでも、霜降り明星の粗品が予想した本命馬が飛んでいくとのこと。
たまにこういう芸能人って出てくるからね。
ワタシが世代だからというのもあるけど、東原亜希ちゃんがそんな感じだった。
当時も競馬を見てたけど、びっくりするぐらい外すからね
大本命の馬がみんな飛んでいくから。
競馬関係者が予想しないでくれ、本命を打たないでくれと言われるほど。
ここまで来ればもはや本物だし、ついに粗品も言われるようになった様子。
その粗品が本命にしたのがダノンベルーガだった。
実はその前にワタシは本命を決めていたんだけどね。

ワタシはロードレゼルを本命にしてた
本命の理由はいろいろあるんだけど、距離への対応がしやすいかなと。
スターズオンアースもそうだったけど、やっぱり距離への対応が大きかったと思う。
残念なことにスターズオンアースは骨折しちゃったけど、血統の裏付けがあったからね。
ロードレゼルのお母さんたちは中山で活躍してたので、そこだけが不安だったけど。
展開は速かったし、17番枠のロードレゼルはどうしても不利だったよなぁ。
イクイノックスも惜しかったけど、結局18番枠に泣かされちゃった。
そう思うとワグネリアンが17番枠で勝ったり、トウカイテイオーが18番枠で勝ったりしたのはすごいんだよね。
ロードレゼルはペース自体問題はなかったけど、最後は地力だったね。

結局1着になったのがドウデュース
武豊騎手が上手く流れに乗れていたから、本人的には完璧だったんだろうなぁ。
ペースが流れた分、後ろの馬が届いちゃうんだよね。
皐月賞だって、よくよく考えれば負けて強しの流れだったし。
あと、この大観衆だと誰が勝てば一番納得するかといえば武豊騎手なんだよね。
ワタシはあんまりそういうのを気にしないし、そもそもさすが武豊みたいなしたり顔が嫌い。
権力にへいこらへいこらとする感じがするから嫌いなんだよなぁ。
でも、武豊騎手をバカにしてたり、下に見てたりするわけではないんだよ。
逃がしたら得意だし、やっぱりここぞの経験値って大きいと思うから。
誰に対しても無批判の気持ちではダメだよと言いたいだけ。
まぁワタシみたいな雑音がかき消されるようなユタカコール、気持ちいなぁ。
もうコロナが終わるのも時間の問題なのかもしれないなぁ

<PR>こちらのサイトでスポーツや海外の競馬にもベットして遊べますよ