4月3日、阪神の11レース、大阪杯!

1番人気はエフフォーリア
エフフォーリアはこれが有馬記念以来のレース。
人気も集中して、エフフォーリアの単勝に100万も200万も突っ込んだ人もいたようで。
ただ、ワタシはエフフォーリアをかなり疑っていた
初めての関西遠征、これはエフフォーリアにとってかなりに重荷になるんじゃないかと。
どれだけ調教技術が進化したとしても、輸送に関してはそんなに変わらないと思ってる。
そして、多くの馬が初遠征で痛い目を見てきた。
今度の桜花賞や皐月賞だって、そのあたりに絶対注目しないといけない。
エフフォーリアは新馬戦だけ札幌で、あとは東京か中山。
今回が初の関西遠征であり、距離適性を考えると大阪杯や宝塚記念を使わないといけない。
エフフォーリアにとってはここが鬼門になるんじゃないのかなと思ったけどね。
それはジャックドールにも言える話で、結局左回りで実績を上げただけで右回りではまだまだ。
そのあたりがどうかと思ったし、逃げたい馬もそれなりにいるからね。
アカイイトなどもちょっとどうかなと。
そんな中で本命を迷ったのがヒシイグアスアリーヴォだった。
ヒシイグアスに関しては香港カップ2着もあるし、この中らやれそうな感じだった
ただ満を持して池添謙一騎手にしたわけではなく消去法で選んだらしく、それが引っかかった。
池添騎手自身は大舞台に強いけど、ここぞの一発狙いで池添騎手ってわけではなかったことに疑問を感じた。
だったら、小倉5勝、単なる小倉巧者の可能性もあるけど、アリーヴォを狙いたい。
記者のコメントって参考になって、アリーヴォの調教を絶賛する人が結構いたことにビビッと来た。
去年はレイパパレとモズベッロの馬単や馬連などを持ってたけど、今年は単複にした。

レースは案の定、ジャックドールが逃げ、アフリカンゴールドが追いかける展開に。
ただこの時、ジャックドールは落鉄していたらしい。
そして、2ハロン目で10秒3というラップタイムがジャックドールの最後の踏ん張りを失わせたとか。
エフフォーリアは追い切りを使えない影響もあってか、あまり調子は良くない様子。
エフフォーリアと同じ位置にいたのがアリーヴォ。
このアリーヴォの動きが本当に良かった。
最後の直線、久しぶりにワタシ叫んじゃった。
単勝47倍だからね?本当に惜しかったなぁ。
それでもジャックドールもエフフォーリアもいないから複勝12倍
人気薄の武豊騎手は本当に買いだなぁ、うれしい

<PR>こちらのサイトでスポーツや海外の競馬にもベットして遊べますよ