12月25日、中山の10レース、中山大障害

1番人気はタガノエスプレッソ
ケンホファヴァルトがケガで回避するなど、
どちらかといえば上位馬不在の展開。
正直な話、オジュウチョウサンの軸でもいいような気がした

ただワタシはずっとオジュウチョウサンに抗い続けて、
ここで買うのは違うと思った。
正確には、1円も買わないようにしているのが
オジュウチョウサンへの愛情表現
意味がわからないかもしれないけど、もしワタシが軸にして外したら
どうなるのかという恐怖があるわけで。

ちなみにオジュウチョウサンは大好きで、
2017年の中山大障害のレースを見て号泣したから
生で競馬を見て号泣したレースって
4年前の中山大障害しかないと思う。

それだけオジュウチョウサンの強さは知ってるし、
負けてるのが悔しかった。
でも、東京ハイジャンプで馬連をゲットして、
おいしい思いはしてるんだけど
オジュウは負ける!最初はそんな願いだったけど、
いつしか願掛けみたいになってた。

だからここでも、オジュウを軸にはしなかった。
かといって、タガノエスプレッソが強いとは思わなかったけどね
確かにこの距離で安定的に強いのはわかっているけど、
最終のオッズが2倍ちょうど。
いくら上位馬が不在とはいえ押し出された人気で2倍、
それはないでしょと

悲しいのは、他に買いたいのがいないってことなんだけどね。
その中で狙うとすれば、アサクサゲンキかなと。
イルミネーションジャンプステークスで2着、
ここで好走しているのが1つの条件

あと、穴をあけるとすれば実績のある騎手だと思ってた。
熊沢重文騎手の手腕に期待して、アサクサゲンキから流すことに。
レースはビレッジイーグル大江原騎手が逃げる展開。
大江原騎手三浦皇成騎手と同期で
とにかく勝てなかったイメージしかない。

障害では多少やれているという感じだったけど、
結論から言えばスローの逃げがオジュウには最高だった
ビレッジイーグルも5着に粘ってるので、
大江原騎手がうまく乗ってた。
オジュウチョウサンが番手につけて途中から先頭に。
やっぱり前にいないとどうにもならず、
個人的には直線に入る前にはもう勝つと思った

ブラゾンダムールがよもやだったけど、
そこは想定していた騎手の腕。
西谷誠騎手だって中山大障害3勝もしてるからね。
それにしてもオジュウは強かった。
おじさんがまだまだ第一線で頑張ってるってことだから。
本当に感動したし、見れて良かった