7月17日、函館の11レース、函館記念!

1番人気はマイネルウィルトス
函館記念は札幌記念の前哨戦であり、サマー2000シリーズを占う大事なレース
札幌記念はソダシとか有名馬が多いだけに、ここで稼いでおきたい馬も多いわけで。
マイネルウィルトスは、去年不良馬場の福島民報杯を圧勝した馬。
どう考えても重馬場適性がある馬で、重賞で2着も多いからチャンスは十分。
最近デムーロ騎手がマイネルの勝負服で活躍することが多くなった。
騎手の起用方法が結構露骨だから、今はデムーロ騎手を信用しているんだなぁって。
そういうのが見えやすいってとても大事なことだからね。
買う側としても、あの騎手を乗せてきたってことは勝負だよねってわかるから。
いかにもマイネルウィルトスで決まりっぽいけど、一応ハンデ戦。
アイスバブルの5キロ減とか気になるけど、さすがにかな
スカーフェイスあたりも面白いかな。
色々見ていく中で、なんでアラタが人気しているんだろうとか。
やっぱり洋芝適性ってかなりプラス材料として判断されるからなぁ。
その点で行くと、洋芝適性はダート適性に通じるものがあるからね。
中央のダートは砂が浅いから、パワー要素もスピード要素も必要になるから。
だったらハヤヤッコじゃなかったのって今思えばそうなんだよね。
日経賞で初めて出てきた時、今更芝で?って少しバカにしてた部分があった。
それが5着に入ってたから、あぁそんなこともあるんだなと。
今にして思えば、買えたよなぁ。
斤量が57キロだったから、たしかにそれで本当に買えてたとも思うし。

当日はタイムがかかってたからパワー勝負になるとは思ったけど、その割にペースが流れたかも。
軽快に前に行った組が総崩れ状態で、マイネルウィルトスは最後方からまくってたから。
こうなると適性があった馬たちで決まってるんだよね。
スカーフェイスは中山金杯でも走ってたけど、冬は洋芝要素が強まるからね。
洋芝がないと緑を保てないから、野芝と洋芝をミックスさせるけど、冬に活躍する馬も基本的には洋芝適性があるから。
スカーフェイスは買ってたけど、位置取りが少し後ろだったかな。
先に動けばよかったけど、みんなで動いてたからね。
それにしても、ハヤヤッコはすごい馬だと思う。
芝でもダートでも重賞を勝つって、なかなかいないからね。
ソダシやハヤヤッコ、札幌記念で激突したら面白いだろうなぁ。
そこまでいけたら、競馬マスコミが盛り上げてくれるよね

<PR>こちらのサイトでスポーツや海外の競馬にもベットして遊べますよ