6月5日、東京の11レース、安田記念!

1番人気はイルーシヴパンサー
今年の安田記念は大混戦で、なかなか狙いの馬がはっきりしない
かといって、穴馬が飛び出すようなイメージもなく、なかなか狙いにくいかなと。
色々と穴馬などをデータで探していく中で、消去法的に決まったのがファインルージュ
今まで休み休みで使われてきた中で、順調に使えるのをプラスに捉えた。
ヴィクトリアマイルでも結果を出していたし、狙うならここだろうと。
ペースもさほど流れなくて、ファインルージュは前の方にいたから安心して見てた。
だから、直線に入って、いい位置にいるこれはチャンスと思ってたのに。
全然伸びなかった
馬場が悪いというのもあるかもしれないけど、思った以上に伸びなかった。
ダノンザキッドを最後差し切るあたりは強いと思ったけど、5着争いを差し切ってもなぁ

ソングラインとは勝負が終わってたと感じてたけど、ヴィクトリアマイルで意外と差がなかった。
そうか、そこが狙えたかぁって思っちゃったなぁ。
ちなみに霜降り明星の粗品がソングラインを指名した時、ありがとうって。
いやぁ勝っちゃうんだ、呪いを解いたんだ。
馬連も当ててるし、まぁいつかは当たるよなぁ

ただやっぱりレースの後はだいぶモヤモヤした部分があったよ
正直ファインルージュがなんで負けたのか理解ができないと思ってたけど、色々な話を聞いていると多少は納得できた。
ペースが遅いと団子で進む分、位置取りがめちゃくちゃシビアに。
まして東京は内側が伸びないので、どうしても外を走りたい馬が同じようなコースに集まる。
ペースが遅いから、なかなか進路ができにくく、内にいる馬は外に出せない。
武豊騎手だって名手だから当然そんなことはわかってるんだけど、それでも出せなかった。
ホウオウアマゾンみたいにとにかく内ラチで逃げ粘ろうとしても馬場の問題で厳しく。
まぁホウオウアマゾンだって12着とはいえコンマ5秒差だからね
17着のカフェファラオでちょうど1秒負けだから、安田記念の大混戦ぶりがうかがえる。
だから、安田記念の取り扱いはマイルチャンピオンシップでも気を付けないといけないだろうね。
あれだけ位置取りがシビアだと、力負けの馬は意外と少なくて、穴をあけそうな馬が結構いそうなんだよなぁ。
結構ショックな結果ではあったけど、ファインルージュが人気落ちしたところで狙ってみたい

<PR>こちらのサイトでスポーツや海外の競馬にもベットして遊べますよ