10月23日、東京の11レース、富士ステークス!

1番人気はソングライン
ソングラインは関屋記念で3着、その時の1着馬ロータスランドも富士ステークスに。
ロータスランドとの斤量差が5キロあったけど、今回は4キロ差
普通に考えるとロータスランドとの力量差がさらに広がってしまうので、あまり狙えない。
だからソングラインを切ってもいいんじゃないかと。
ただ今回色々と見ていく中でそんなに信頼できる存在がいなかった。
ソングラインを切ってまで何か入れたいものがあったかとなると、なかったというのがホントのところ。
軸にはしないけど、ヒモには入れざるを得ないということで。
皐月賞からの参戦となるダノンザキッドマカヒキに続きたいワグネリアンなど、結構有力な馬は多い。
とはいえ、さっきも書いたように可能性はあるけど確実とは言い難い馬が多すぎ。
その中で本命にしたのがサトノウィザード
サトノウィザードは半年の休み明けの関越ステークスで最後方から差し切り勝ち。
元々人気を集めやすく、1番人気になることも多い馬。
それだけ派手な勝ち方が多いんだけど、重賞ということもあってか9番人気
9番人気といっても単勝10倍台だからね。
魅力的な馬は本当に多いんだけど、広げれば広げるほど旨味がなくなる。
ここでは馬連で5頭流し、まぁ最近のトレンドに。
最近気づいたけど、フルゲートでの馬連ってボートレースの3連単レベルの難しさがあるわけで。
それを5点で仕留めるなんて、難しいことをしてるんだなぁとふと思った。

スタート、ロータスランドが逃げる展開
サトノウィザードは一番後ろ。
そんなところから届くのだろうか、差し届かずってやつじゃないのと不安に。
わかってて軸にしたとはいえ、不安は不安
最後の直線でサトノウィザードは一番大外に。
ここからサトノウィザードの差し脚が意外と鋭く、どんどん先頭に近づく。
直線で先に抜け出したのがソングラインで、サトノウィザードもソングラインにぐんぐん近づいていく。
あと少しあれば1着まで来たかもしれなかったけど、2着まで来てくれれば十分。
ソングラインを切るかどうか迷ったけど、切らなくて本当によかった。
最後方からの競馬だとたいてい届かないけど、ある程度流れた分、サトノウィザードには展開が向いたかもね。
逃げたロータスランドが10着、結構前目にいた馬は惨敗しているので、流れがよかった
これでいい流れで菊花賞が迎えられるなぁ

 

<PR>こちらのサイトでスポーツや海外の競馬にもベットして遊べます