4月23日、福島の11レース、福島牝馬ステークス!

1番人気はアブレイズ
去年も今年も地震の影響で無観客開催となった春の福島。
秋の福島は行ったことあるけど、気候的にちょうど良くてまた温泉につかりたいな
初の福島は1回雪で中止になったのを覚えてる。
ヴィクトワールピサが勝った時の皐月賞の週だったと思う。
なんで覚えているかといえば、その時の皐月賞、エイシンフラッシュで大勝負してたから。
一瞬過呼吸になるくらい、大儲けできて、翌日の代替開催も楽しめた記憶
そんな思いでもあるけど、福島牝馬ステークスは万馬券を獲り逃すこともあって、結構トラウマが残ってる
春の福島って地味な開催なんだけど、結構記憶に残ってることが多い。
東北新幹線で簡単に行けちゃうから、新潟よりも福島がおすすめ。
新潟も行ったことあるけど、とにかく遠いし暑いし、途中、電波が途切れるし。
今はトンネルで電波が途切れることとかないのかな。
それはさておき、今年の福島牝馬ステークス。

中山牝馬ステークス組が幅を利かせるレースなので、中山牝馬ステークス組の取捨選択がとても大事
実は中山牝馬ステークスで活躍した馬がここでも好走するのが傾向としてある。
普通、人気薄で激走した馬って、どうせフロックでしょみたいに思いがちだけど、実際は結構好走する。
だから、クリノプレミアムなんていかにもフロック視しがちだけど、ここでもしっかりと走るから。
今思えばそれだけを信じてクリノプレミアムを買えばよかったんだよなぁ。
でもね、アナザーリリックをワタシは拾えてなかった。
展開的にアナザーリリックが届くとも思っていなかったし。
ちなみにワタシはスライリーを本命にしていた。
スライリーも中山牝馬ステークス組の中では十分やれてる方だと思った。
位置取りは本当によかったとは思うけど、この馬の特徴が結構繊細というかナーバスというか。
結果を出したケースは直線まで待って、追い出して掲示板に入ったような。
本当だったらスライリーの位置取りはベストだったんだけど、スライリーの過去を振り返るとまだ待った方がよかったのかな。
正直、ワタシはスライリーの動きを見て、これはもらったって思っちゃったもんね。
いけるこれは結構おいしいかもと思いきや伸びなかったもんなぁ。
クリノプレミアムの単複でも買っていればもっと楽しめたのかもね。
まぁでも、攻める時に攻めないとつまんないからね

<PR>こちらのサイトでスポーツや海外の競馬にもベットして遊べますよ