4月28日、笠松の11レース、オグリキャップ記念!

1番人気はトーセンブル
笠松競馬場には結構代表する騎手、馬が多いんだよね
オグリキャップもそうだけど、ライデンリーダーも捨てがたい。
地方と中央の壁を壊したのがオグリキャップとライC級で2勝デンリーダー。
あとは騎手だと安藤勝己さん。
今は柴山雄一騎手が活躍してるけど、笠松ってすごい競馬場だと思う。
最近はあまりにも不祥事が続いていたから、イメージは完全に悪いけど、それでもオグリキャップの偉大さ
元々オグリキャップ記念は交流重賞だったけど、地方競馬の低迷で地方の重賞に。
今は復活傾向にあって、オグリキャップ記念の1着賞金は1200万円に。
そこまで回復したのかって感動しちゃうよね
ワタシは何回か笠松競馬場に行ってるから、本当にそれだけのお金を出して大丈夫って思っちゃう。
地震が来たら大丈夫だろうかとついつい不安になるくらい古いからねw

さて、オグリキャップ記念
南関東から参戦する馬が何頭かいて、そこらへんが人気
ただ明らかに売れすぎな馬も。
タカジョーは、名古屋のC級から浦和に移籍してC級で2勝。
名古屋や笠松の馬は一応一線級の馬ばかり。
言い方は悪いけど、ロンダリングされている感じがして、絶対来ないだろうと。
だったら何が来るだろうかと思った時にホーリーブレイズが。
ホーリーブレイズは南関東のオープンでまずまずやれている馬。
タカジョーと比較するのも失礼なくらい。
この馬を本命にしようと思ったけど、後で気づいたのは輸送がありながら+11キロ。
この時点でダメだったんだなぁ。
トーセンブルも似たような成績だったけど、こっちの方がまだ成績が良かった。
そこはもうオッズの魔力というか、オッズに流されちゃったというべきか。
2着だったウインユニファイド、中央のオープンで勝ってる馬だったんだよね。
あのクリンチャーにも勝ってるんだから、そりゃ来るよね。

なんだかんだ実力馬が来てるから、タカジョーを切ったのは全く間違いではなかった。
だけど、軸馬のチョイスが全然ダメだったね。
もう少し精査するべきだったかなぁ
ウマ娘で笠松競馬場が舞台になっているそうで、ウマ娘ユーザーが足を運んでるらしい
行ったら驚くと思うけど、まさに地方競馬って感じ。
浦和競馬場もそれに近かったけど、めちゃくちゃきれいだもんね

<PR>こちらのサイトでスポーツや海外の競馬にもベットして遊べますよ