6月26日、阪神の11レース、宝塚記念!

1番人気はエフフォーリア
今までの宝塚記念は、有力馬が回避しやすい分、数少ない有力馬がドカンと儲けるレースになりやすかったらしい
今までといっても平成初期あたりはそうだったとか。
確かに、歴史を振り返ってみるとそんな感じはする。
メジロマックイーンが出られなくてメジロパーマーが勝つ、そんなことも起きちゃう
それがドバイや香港、大阪杯からのローテなど、色々あって有力馬が大集合するレース。
まさにドリームレース、ファン投票する意味を感じさせるレースになってきたかな。
今回もエフフォーリアやタイトルホルダーデアリングタクトディープボンドなどなど。
あとはパンサラッサ、ステイフーリッシュ、有力どころがたくさんいる。
普通に考えて、ステイゴールド産駒がまだ3頭いるというね。
ステイゴールドもずいぶん前に亡くなったけど、子供たちはいまだ現役。
その筆頭にいるのがオジュウチョウサン、あとはステイフーリッシュ
でもね、その時に魔が差しちゃったのが、これだったらアフリカンゴールドでいけるじゃんと。
今年の京都記念は阪神2200メートルだったし、タイムもよかったから。
あとはマイネルファンロン
マイネルファンロンは、デムーロ騎手に乗り替わったのが激熱。
最近マイネルで有力な馬が出てきたら、デムーロ騎手に乗せる機会が多くなった。
ここは絶対にチャンスだと思ってた。
だからアフリカンゴールドステイフーリッシュの馬連とか買ってた。
馬単まで全部当たったら70万円ぐらい。
たった300円が70万円ぐらいになるって、夢があるでしょ
宝くじ1枚で70万円を期待できるって話なわけだから。

まぁそんな夢は3コーナーで終わったけどね。
パンサラッサがハイペースで逃げて、タイトルホルダーが離れた2番手。
これがすべてだったよなぁ。
ハイペースで先行したら普通はアフリカンゴールドみたいに失速するわけで。
個人的に一番肝を冷やしたのはマイネルファンロン。
もしマイネルファンロンが3着に来てたら、普通に気を失ってたと思う
だって、来る可能性が高いと思ってたんだから。
やっぱり陣営はやる気があったんだなぁって思った。
タイトルホルダーは強かった。
でも、阪神でしか勝ってないから、単なる阪神巧者って感じもするけどね。
凱旋門賞に行ったら、活躍できそうって声もあるらしいけど、どうなんだろう

<PR>こちらのサイトでスポーツや海外の競馬にもベットして遊べますよ