12月5日、中京の11レース、チャンピオンズカップ

まずJRAに対してワタシから苦言を呈したい
普通、大きなレースって11レースなら最後にやってくるわけで。
今回は中山→中京→阪神という流れなので、発走は15時30分
なんで中途半端に中京を真ん中にしたんだろうか。
普通にボートレースを見てて、えっ?もう終わったのって
武蔵野ステークスの時もそうだったけど、なんで中途半端なことをJRAってするんだろうか。
特にダート重賞は、JRAの扱いがそんなによくない。
これと同じことをジャパンカップや有馬記念、天皇賞春や天皇賞秋、ダービーでは絶対にやらないわけで。
ダート重賞だと思ってバカにしているんじゃないだろうか
それがすごい腹立たしくて、バカにするぐらいならやめちゃえばいいのにと。
やめたらダメだと思ってるなら、他の重賞と同じように扱えばいいんだけど、どうなんだろうね

1番人気はテーオーケインズ
前日まではソダシが1番人気だったけど、結果的にテーオーケインズが1番人気に
テーオーケインズに関しては前走のJBCクラシックがどうなるか。
個人的には前走はノーカウントでいいし、左回りでもやれてるから問題はなさそう。
テーオーケインズは去年厩舎が火災に巻き込まれて、命からがら生き延びたことでも知られてる。
去年火災に巻き込まれ、復帰初戦が去年10月の2勝クラスで、この時から松山弘平騎手が騎乗。
少しでも厩舎に風が吹いていたらテーオーケインズの命も危なかったという話は、ドラマを感じさせる。
軸にするならこの馬だろうとは思いながら、やはり配当を求めてしまうのがワタシの悪い癖
その中で面白く感じたのはオーヴェルニュだった。
オーヴェルニュは中京で強く、この中なら可能性がありそうで、しかもオッズはつかない。
これならばという感じで単複を買うことにした。

ソダシが逃げる展開になって、番手にインティ
カジノフォンテンがもう少し主張するかと思いきや、結局主張はせず。
ソダシがそれなりに逃げる中でカジノフォンテンは5番手。
そんな競馬、今までしてこなかったじゃんと思いながら、結果的にアナザートゥルースの位置が最高だったかもしれない
ペースは遅め、これだとオーヴェルニュは届かない。
テーオーケインズはまさに横綱相撲、本当に命があってよかったと思える
チュウワウィザードは切れ味の分。
もう1回やったら結果は変わってたかもしれないけど、それでもテーオーケインズだろうな

<PR>こちらのサイトではスポーツや海外の競馬にもベットして遊べます