11月20日、東京の11レース、東スポ杯2歳ステークス!

1番人気はイクイノックス
東スポ杯はとにかく出世レースで、その功績が認められて今年からG2へ昇格。
名だたる名馬がこのレースを勝っているんだから、当然の昇格と言える
あんまり重賞で降格ってないけど、あってもよさそうだけどね。
基本的に東スポ杯は新馬戦をしっかりと勝ち切った馬が強いレース。
1番人気1着でしっかりと勝ち切っているかどうか、そのあたりが重要になる。
まして昇格したんだからより強さを出せているかどうかが大事なわけで。
それを思えば、イクイノックスって2番人気だったけど1秒の差をつけてたんだよなぁ。
なんで1番人気1着にこだわってたんだろうってこれを書いてる時に後悔した。
どう考えたってイクイノックスでよかったじゃんと。
ただイクイノックスから買ってたとしてもアサヒが買えてなかった。
未勝利戦で手こずった馬がここで勝ち負けになるんだろうかと。
それがなっちゃうから、今年は全く見当違いだったなぁ
ちなみにわたしが本命にしたのがアルナシーム
こちらも2番人気、余計にイクイノックスで良かったというね。
アルナシームに色々期待しちゃったけど、確かにスタートはあんまり良くない馬。
だから東スポ杯で出遅れた時、いやぁやばいなぁって思ってた。
もっとやばいなぁと思ったのは向こう正面で動き始めて先頭に躍り出た時。
これは負けた、失敗したぁって諦めちゃった。
だって、明らかに折り合いはついてないし、武豊騎手が御しきれてないんだもん。
御せない馬で暴走しながら先頭に立つ、そんな馬が勝てるわけないんだから。
これが勝てるんなら伝説級だから、伝説の目撃者になるんだ!と思ったけど、普通に完敗だった。
これが2歳馬って感じだよね。
やっぱり2歳馬は人間にすれば小学生ぐらいだし、小学生で大人の落ち着きを見せられてもと
まぁゴールドシップみたいな馬もいるけど、あれは偏屈な性格をしてる人だと思えばいいから。
いかに調教を行って結果を出していくか、本当に難しいところだよね。
その点、イクイノックスはうまく調教できているというか。
元々所属していた厩舎の調教師が不祥事で一時的に別厩舎に転厩してたから、その影響も心配したけど全くなかったね。
とはいえ、アルナシームの暴走で勝てたのか、なくても勝てたのかは検証しないといけない。
例年と比べてクラシックで活躍しそうな感じがしないけどね

<PR>こちらのサイトでスポーツや海外の競馬にもベットして遊べます